タグ:ガーデニング ( 26 ) タグの人気記事

ロータスブリムストーンのお花が咲きました。
a0123795_09491049.jpg
白くて小さなお花。

お花の形を見て、ロータス・ブリムストーンはマメ科の植物だったんだ〜って、再確認。

ふわふわの葉に、清楚な白い小花。見ても触っても、とっても癒されます。
a0123795_1233128.jpg

[PR]
by snow-violet | 2016-05-23 09:54 | ガーデニングのこと
昨日はガジュマルの植え替えを。
一昨日にリメイクした素焼き鉢へ。→過去ログ
a0123795_21193790.jpg

ガジュマルの植え替えや剪定は、成育期にはいる前の5〜7月が良いそうです。今がちょうど良い時期なので、思いっきりやりますよ。
a0123795_17080618.jpg
植え替え前のガジュマルです。3号鉢に根はパンパン。下葉も落ちてなんだか不格好。
a0123795_17081170.jpg
すみれのご指摘の通り(笑→過去ログ)根鉢はしっかり張っているけど、さらに冬から水のやりすぎもあり、腐ってしまっている根もありました。これでは育たない・・・。
a0123795_17081755.jpg
植え替える鉢は5号鉢。3号鉢からの2サイズ・アップなので、鉢底石は多めに、底から3分の1程度に。
a0123795_17082227.jpg
鉢底石が大きめだったので、赤玉中粒で少し隙間を埋めて。
a0123795_17082837.jpg
土は、赤玉小粒7:腐葉土2:草花用培養土1。そこに緩行性化成肥料(マグアンプK)を少々。

本当は腐葉土3にしたかったのに、足りなかったので、草花用培養土でごまかしました。・・・適当です。

そして次に、丸坊主!
a0123795_17083689.jpg
下葉が落ちて間延びしていたので、新しい芽を出してもらうための剪定です。

切り取った枝は、1時間ほど水につけて、水揚げを。挿し穂として使います。
a0123795_17084207.jpg
枝には新芽が出始めていました。それを全部カット。なんとなくです。なんとなく、挿し木ではまず根を出して欲しいので、元気のいい新芽に力を奪われないようにっていうイメージです。・・・適当です。
a0123795_17084961.jpg
3号プラ鉢の底に赤玉中粒を一層敷きつめ、赤玉小粒のみを入れ、先に土へ水やりします。先端の新芽をとった挿し穂を優しくさして、も一度水やり。

あとは、風通しのよい半日陰で、根が出るまでは土を乾かさないようにして育てます。

初めてのガジュマルの植え替え・剪定・挿し木でした。・・・適当です。

[PR]
by snow-violet | 2016-05-22 09:22 | ガーデニングのこと
今、うちではハオルチア・オブツーサのお花が咲いています。
a0123795_21193344.jpg
白い花びらにあずき色のライン。地味な花だという人もいますが、和風でシックな雰囲気、わたしは好きです。
ハオルシアはユリ科の多肉植物。だからお花も百合の花に似ているのかなぁ。

昨日、子供達が幼稚園へ行っている間に、せっせと古い植木鉢のリメイクをしました。
a0123795_21193790.jpg
洗って、日干しして。白のアクリル絵の具で、インパクトのあるテラコッタ色を柔らかくして。

オブツーサも早く植え替えてあげたいな。

[PR]
by snow-violet | 2016-05-21 08:30 | 多肉のこと

ノイバラ・雅 満開

ノイバラ・雅が満開です。
今年の冬の剪定がうまくいって、たくさんの小花が一斉に咲いてくれました。
a0123795_21082948.jpg
雅のこのガーリーピンク。眺めているだけで心が弾みます。
わたし的には、ポツポツと咲き始めている方も、控えめな上品さがあって好きかなぁ。→過去ログ

[PR]
by snow-violet | 2016-05-20 21:11 | ガーデニングのこと
毎日良いお天気。だけど、バルコニーは照り返しが熱くなってきました。

やっぱり今日も、お隣へ侵入計画中のこゆきは、ロングリードで繋がれてます。
a0123795_20495787.jpg
a0123795_20500155.jpg
こゆき超アップ。もうすぐ8歳。お顔の白髪が増えてきたね^^ 性格はやんちゃのままなのに。

先日、すみれから根腐れを指摘された(笑)、シュガーバイン→過去ログ
a0123795_10564206.jpeg
今日は土替えをしてあげました。
a0123795_20500546.jpg
やはりすぐに土がボロボロ〜っとほぐれて、全然根が回っていません。お水をあげすぎてしまったのだと思います。幸い、白くて新しい根が見えてるので、水はけの良い赤玉を多めに混ぜて、ひとまわり小さいスリット鉢に植え替えました。
a0123795_20501042.jpg
どうか、復活してくれますように・・・。


[PR]
by snow-violet | 2016-05-20 20:59 | ガーデニングのこと
ビオラとクロッカスと一緒に寄せ植えにしていたヒューケラ三兄弟を、一人暮らしに戻してあげました。
a0123795_11462088.jpg
寄せ植えも楽しかったけど、一人暮らしは広々〜。風通しが良くなって、すっきり。しばらくはここで大きくなってもらいます。

ウチの灼熱のベランダでは夏越しできないビオラは、まとめて別の鉢へ。
a0123795_11463046.jpg

他に寄せ植えしていたビオラもギュギュっとまとめて。

この時期になると蒸れるので、へたに大きめの鉢に余裕を持って植え替えてあげるより、狭めの鉢に詰めて、混み合っている茎を間引く方が、あと少しビオラを楽しめる気がします。
a0123795_11462556.jpg
もうすぐお役目が終わるけど、まだまだがんばって咲いてくれているビオラ。少しずつ切り花にして室内でも楽しませてもらいます。


[PR]
by snow-violet | 2016-05-19 12:43 | ガーデニングのこと
広葉マウンテンミント。
ネットで購入したのですが、どちらかというと、細葉・・・?それともこれで、広い葉?
a0123795_11224643.jpg
4月上旬にプランターへ植え付け、一日中日の当たる場所に置いていたのに、ひょろっとしているような。もっとボリューム感ある姿を想像していたのだけど。
a0123795_11224128.jpg
そろそろ日差しも強くなってきて、葉焼けするものも出てきたので、半日陰へ移動しました。
育て方が良くないのかなぁ?いつか広葉に変わるのかなぁ?

細葉の件を考えるのはちょっとやめて、プランターの根ものと空いているスペースにプミラの挿し木を。
a0123795_11225241.jpg
半日陰だしちょうどいいかな。挿し木にはちょっと土がゴロゴロすぎるかな?超テキトーです。
a0123795_11225989.jpg
いつもはウチの窓なしおトイレを彩ってくれているプミラ。耐陰性が強いとはいえ、やはり葉の艶が落ちてきているので、今日はベランダの日陰に出してあげました。久しぶりの屋外は風がそよそよ気持ち良さそう。

それにしても、広葉・・、細葉・・?
a0123795_11224643.jpg

[PR]
by snow-violet | 2016-05-19 11:21 | ガーデニングのこと
週末から、オリーブの開花が始まりました。
a0123795_10212933.jpg
ネバディロ・ブランコ

ネバディロ・ブランコ、マンザニロ、エルグレコがほぼ同時に開花。ミッションが出遅れていてまだ蕾。皆と足並み揃えないと、ミッションだけ秋に実がつかないよ。
a0123795_10213333.jpg
昨日は午後から雨の予報だったので、その前に軒下へ大移動。花粉が雨で濡れてしまわないように。濡れてしまうと花粉が飛ばず、他家受粉するオリーブは結実できなくなってしまうのです。

オリーブはモクセイ科の植物です。あの甘〜い(私はトイレの匂いとしか思えない)香りの金木犀と同じ。蕾と花に華やかさはありませんが、今年の収穫を想像し、楽しみでワクワクが止まりません。

今年も完熟オリーブの塩漬けかな〜。メープルシロップ漬けもしてみたいな〜。

[PR]
by snow-violet | 2016-05-17 09:19 | ガーデニングのこと
ボレロに少し遅れてミニバラ・グリーンアイスと、ノイバラ・雅(みやび)が今週末から咲き始めました。
a0123795_09480727.jpg
グリーンアイス
咲き始めなので、まだほとんどの花がクリーミーピンク。アンティークな雰囲気が大好きです。犬たちはバラには興味がないらしく、悪さはしません。
a0123795_09481104.jpg
ノイバラ・雅
個人的には、鮮やかピンクはあまり好きではなかったのですが、この雅のピンクだけは別でした。山野草屋さんでこの可愛らしさに一目惚れしたのは5年前。2号鉢(φ6センチ)の小さな苗から育てて、その3年後には8号鉢(φ24センチ)までに。その後はこれ以上大きくしたくないので、毎年冬に土だけ変えて同じ鉢に戻しています。
a0123795_09481626.jpg
咲き始めなので、しべの黄色と合わさって本当に鮮やか。生育旺盛でどんどんシュートを出してくれ、力強さのあるノイバラですが、一重咲きで小輪、ふんわりとした和の雰囲気があるので、こんなに鮮やかピンクでも優しげな姿です。

[PR]
by snow-violet | 2016-05-16 10:06 | ガーデニングのこと
週末はからりとした良いお天気で、子供たちも犬たちも植物たちものびのびすくすく。

今まではセンペルビウムを多肉用培養土(または多肉用培養土と赤玉のブレンド)でテラコッタ鉢に寄せ植えしていましたが、昨年土を替えて植え替えたセンペルの子株はすくすく育ち、さらに子株(孫株?)もたくさん出し始めました。
a0123795_09122004.jpg



a0123795_09121660.jpg
ブルーボーイ

a0123795_09121198.jpg
ジュビリー(←だと思ってる)

a0123795_09120638.jpg
テクトルム・ロイヤナム

a0123795_09120040.jpg
ヒルツム・ベアンスキー

えいえいって子株を出している姿が可愛くて、そして生命力も感じられて、眺めているだけで元気がもらえます。

実は、渋すぎるうちの守り神「南天」の鉢植えを可愛い雰囲気にしたくて、数年前からその足元に多肉植物の子株を置くようにしてます。それで気づいたのですが、専用の培養土+鉢で育てている多肉より、南天の足元の方がよく育つんです。花が咲いたり、尋常ではない子株の放出量にびっくりしてました。
a0123795_09212554.jpg
なので、昨年はセンペルの子株の植え付け時に、草花用培養土+赤玉をつかってみたら、想像どうり以前よりよく育っています。多肉の専門家からしてみれば、当たり前のことかもしれませんが^^;
a0123795_09115656.jpg
南天の下でもすくすく。

5年近くもベランダガーデニングをしていますが、土のことは本当に適当で。なんとなく赤玉混ぜたり、なんとなく苦土石灰混ぜたり、とか。

どんな植物も、本当は土中に隠れている根っここそが元気でないと育たないんですよね。もっとよく土のことを知りたくなりました。

[PR]
by snow-violet | 2016-05-16 09:34 | 多肉のこと

犬と植物と私のいろいろ


by すみこゆ